健全な不動産共同事業|誰もが避けたい失敗|マンション投資を成功へ導く秘訣とは

誰もが避けたい失敗|マンション投資を成功へ導く秘訣とは

健全な不動産共同事業

建物

安定性と収益性が高い

みんなで大家さんは投資家から出資金を集め、その集めた出資金をもとに駅前のテナントビルなどを主に大型の賃貸物件を運用し、その賃貸利益をもとに出資金の額に応じて利益を分配する不動産投資です。運用開始から評価額、想定利回りともに下回ることなく安定した運用を続けています。不動産を保有しての不動産投資では物件の管理や運用などの手間が必要です。また売却しないと現金化できないなどの不便もあります。みんなで大家さんは不動産オーナーになる煩わしさなく、不動産経営の気分で家賃収入を得ることができる不動産投資商品です。みんなで大家さんは不動産特定共同事業法をもとに運営されています。出資金の利益分配の実績や予定はウェブで確認することが可能です。

投資家の発展と保護を行う

不動産特定共同事業法は不動産共同事業の健全な発展と投資家の利益保護を目的とした法律で平成7年4月に施工されました。この法律は事業を行う不動産会社の経営内容に厳しい条件を付けています。事業者の責任を明確にし、許可制とすることで運用できる事業者を限定し、投資家の保護に繋げています。最低資本金を1億円とすることや事業所ごとに業務管理者を置くこと、適切な情報開示も義務付けています。その他にも不動産共同事業の許可を受けるためにはいくつか条件がありますが、これらの許可要件を満たした事業者だけが投資家への小口販売を許可されています。みんなで大家さんが安定した運用を続け、投資家の方々から熱い支持を得ているのものこの厳しい法律の元に行われ、安定し収益性の高い不動産投資だからといえます。